専門学校 日産愛媛自動車大学校

授業プログラム

公開情報

ホーム > 授業プログラム

一級自動車工学科(1級整備士コース)

一級自動車工学科
高度化する次世代の自動車に対応する為の知識・技術と教養を修得する学科です。
最先端の電気自動車教育に加え、将来の幹部候補生として、人材教育も見据えた質の高いカリキュラムです。
1級自動車工学科の授業
年々新しくなる技術への対応や高度な電子制御技術の習得も加わります。

日産専用診断機をマスターし、高度化する電子制御装置の故障診断に対応します。
日産販社外部講師の指導を受け、より実践的なロールプレイングを行い、インターンシップと将来に備えます。
4年次に、日産販売会社および内定会社で職場体験が行われます。

最先端技術の習得
2級自動車整備士コースでの2年間に、毎年進化する新技術、特に電子制御技術を加え、「整備士のスペシャリスト」への道がスタートします。お客様とのコミュニケーション技術においても、より実践的で高度な内容を習得することで、4年次でのインターンシップに備えます。
現場での実践力の習得
約1ヶ月半、就職内定先でのインターンシップを行います。将来、自分が働く環境において現場を体験することで、「コミュニケーション」や「自発的行動力」の重要性を再認識し、一回り大きくなって帰ってきます。入学から4年、大きな希望と確かな力を手にし「整備士のスペシャリスト」としての第1歩を踏み出していきます。
実習
高度故障診断
定期点検、車検
EV整備・点検
総合診断
お客様対応話法、マナー
フロント業務
インターン実習
学科
電子制御回路の応用学習
新技術(ハイブリッド・コモンレール・直噴・CVT等)
EV電子技術
総合診断(お客様対応・整備計画等)
環境保全
安全管理
電気自動車への対応
2年次のEV基礎教育に続くステップアップとして、4年次にはEV技術教育を受けます。電気自動車特有の構造、材料、構成部品等、EVの整備・点検に必要な技術を学びます。また、高電圧部品の脱着作業等、実践的な実習もカリキュラムには含まれています。
高度お客様対応講座
「お客様対応基礎講座」の応用編です。お客様の期待を上回るサービスを提供する仕組みを理解し、
一級整備士としてのお客様対応力を身につけます。
日産販社で使用される帳票を用いて、問診から整備結果説明までのお客様対応業務を学びます。


サービスマネジメント科目
(コンプライアンス、リーダーシップ、消費者心理等)を学び、お客様対応力の確実なスキルアップを図ります。
愛媛日産自動車より外部講師を招き、これからの整備士の方向性、現在のお客様ニーズを理解し、将来のサービス現場に備えます。
高度お客様対応講座
4年次の6〜7月に200時間以上の職場体験を行います。個々の習熟度に合わせて、現場での作業もステップアップ。
1日の終わりには職場の上司に作業日誌を提出、上司のコメントを参考に現在の課題や次の目標設定をします。学校からは担当教員が2週間に一度巡回し、情報を共有し、学生へアドバイスをします。
1級整備士への最短コース
在学中に取得可能な資格
●日産3級整備士(T/S)資格 ●損害保険募集人一般資格(基礎単位・自動車保険単位)
EV基礎教育(低圧電気取り扱いに係る特別教育) ●日産2級整備士(T/S)資格(学科)
●ガス溶接技能講習 ●日産3級テクニカルアドバイザー(T/A)資格
●危険物取扱者免状乙種(第4類) EV技術教育

整備技術やお客様対応に自ら一歩踏み込んで考えられる整備士を目指しています。1級の授業は、高度な事や実務的な内容が多いですが、理解して進めば必ずスキルアップを感じる事ができます。その自信が「インターンシップ」「国家資格」に結び付くようにフォローするのが私の役目です。一緒に新しい整備士の世界を目指しましょう。

一級自動車工学科担当 西浦進一

GOTOP

自動車整備科(2級整備士コース)

自動車整備科
自動車を全く知らない事を前提とした、完成度の高い合理的なプログラムを用意しています。
実習授業と学科授業の相乗効果を発揮させながら、整備士への道を確実に歩んでいきます。
自動車整備学科の授業
学科授業
教科書以外にカットモデルや部品など教材が豊富に揃っています。聞くだけでなく、手に取ったり、実際に確認するため理解度が違います。

エンジンの点検・分解・組立・調整・検査
車の心臓部であるエンジン。原理と構造を学び、エンジンを分解します。その後、もとの状態に組立て、点検・調整をし、正常に動くかどうか検査します。
電装の点検・分解・組立・調整・検査
車体についている電気装置の構造や作動を学びます。配線図を基に電気を測定するサーキットテスターで点検を行っていきます。

自動車検査作業
点検作業を終了した車両のブレーキの制動力や各機能の状態を、車検ラインのテスターを用いて、保安基準に適合しているかチェックしていきます。
基礎技術の習得
工具の名前や使い方から始まり、原理やメカニズムの習得など、整備士としての基礎を固める大切な学習期間です。自動車から取り外したエンジンやブレーキなどのユニット実習を行います。「わかるまで学ぶ」ことの繰り返しが「わかったことの楽しさ」を感じさせてくれます。
実践と応用技術の習得
車両を用いて、故障診断などの実践的な応用技術を習得する学習期間です。1年次に習得した基礎技術をもとに「整備士のプロフェッショナル」に求められる応用技術を身につけます。また、2級整備士の国家試験に向け、2年間の学習内容を再確認していきます。
実習
エンジン点検・分解・組立・調整・検査
シャシ点検・分解・組立・調整・検査
(EV分野を含む)
電装点検・分解・組立・調整・検査
(EV分野を含む)
自動車検査作業
(EV分野を含む)
故障原因探求
学科
自動車工学
エンジン構造・整備
シャシ構造・整備
電装品構造・整備
EV構造(基礎)
機器取扱
自動車法規
自動車検査
電気自動車への対応
高度な専門知識が必要な電気自動車。当校では日産自動車がプログラムした段階的な教育制度を導入しています。自動車整備科の2年次に、EV基礎教育(21時限)が行われます。労働安全衛生規則第36条に基づく低電圧部品の取扱の基礎知識、技術を習得します。電気自動車の作業を安全に行うための基礎的な知識を学びます。
お客様対応基本講座
お客様への言葉遣い、受付対応、引き渡し時の作業説明など販売店のサービスについて理解し、
お客様対応の基本を学びます。また講座を実施する教室をリニューアルし、学ぶ環境も整えました。
日産販売会社のお客様対応業務の流れを学びます。

日産のオンラインシステム
(Profit)で帳票作成も行います。

作成した帳票をもとにロールプレイングを繰り返すことで、確かな応対力を身につけます。
お客様対応基本講座
放課後には、学生1人1人の習熟度に合わせて、学科・実習のフォローを行っています。日々の積上げが確実な実力アップにつながります。
お客様対応基本講座
隣接する愛媛日産自動車の協力による特別授業です。
作業精度・効率の高さ、また、お客様対応力の必要性を体感しながら理解を深めます。


2級自動車整備士への最短コーづ
在学中に取得可能な資格
●日産3級整備士(T/S)資格
EV基礎教育(低圧電気取り扱いに係る特別教育)
●ガス溶接技能講習
●危険物取扱者免状乙種(第4類)
●損害保険募集人一般資格(基礎単位・自動車保険単位)

お客様に「ありがとう」と言っていただき、安心して自動車を運転してもらえる整備士を目指しています。整備に必要な専門的な技術や知識だけでなく、現在の整備士に不可欠な「お客様対応力」にも力を入れています。一緒に「ありがとう」を目指しましょう。

自動車整備科担当 大政浩行

GOTOP

最新技術を学ぶ環境

教科書は、日産独自のものや当校の教員が制作したオリジナルテキストもあります。理論や原理原則をわかりやすく解説し、実習車両に対応しているので、理解が深まります。
電子機器を多用した車を点検するには、電気の基礎が必要です。高校時代に電気のことを勉強していなくても、基礎から教えてくれます。
最初に覚える工具類です。
ユニフォームは1級自動車整備士コースは黒、2級自動車整備士コースは青となっています。
第2実習棟からは、愛媛日産自動車宮西店のサービス工場が見え、卒業した先輩達の働く姿が見えます。

GOTOP

Copyright c 2010 NISSAN AUTOMOBILE TECHNICAL COLLEGE EHIME All Rights Reserved.